ロシアで母になる

国際結婚、ロシアで出産、そして母になった私。波乱万丈な日常ブログ

池の水が少なくなった理由が悲しい【ロシア】

モスクワからカンカルです。

 

私達が住んでいる所は、モスクワのセンターから少し離れていて一戸建ての家が多く集まる地域です(モスクワはほとんどが高層集合住宅)。そこにいくつかの池があり、夏は散歩に、冬は凍った池が天然スケートリンクになり住民の憩いの場でした。

 

それが…夏に日本から帰国して驚きました。池の水が物凄く少なくなっていたんです。

 

f:id:kankaru:20191021024302j:plain

こちらは、2018年5月の写真。

 

f:id:kankaru:20191021024229j:plain

こちらは最近撮った写真。

 

写真だと分かりずらいかもしれませんが、ものすごく減っているんです。秋になって雨の量が多くそれでも増えたほう。最近地域のグループチャットでそのことが話題になり理由が判明しました…。

 

池の水が少なくなった理由…

 

最初に少し触れましたが、ここは一戸建ての住宅が集まる地域。集合住宅とは違ってここではあらゆる管理が自己責任なので、老朽化した配線などがそのままになっている家もあるようなんです。そして…なにかのきっかけで火事になり、この1年で8件の家が全焼しています…。

 

火事と池の水にはどんな関係が!?

火事が起これば消防車を呼びますよね。その消防車…火を消すための消防車が…水が空っぽの状態でやって来るらしいのです!空っぽですよ!!!それも毎回(涙)。そしてこの池で水を吸い上げて使っているのでどんどん池の水が消えていったというわけです。

 

日本でも水が足りなくなったら川や池から水を吸水するらしいですが…。空の消防車が到着したというニュースは聞いたことがありません。

 

頼りの消防車は役に立たず、ただただ家が燃えていくのを見るばかり…これもロシアの悲しい現実です。もちろんすべてではありませんが!万が一の時をいつも覚悟して自己責任で備えていかなければという緊張感がいつもどこかにあります。

 

観光地の美しさも本当のロシア。悲観的になる生活事情も本当のロシア。私も歳をとっていく中、いつまでここで暮らしていけるかなぁーなんて考える今日この頃でした。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村