ロシアで母になる

国際結婚、ロシアで出産、そして母になった私。波乱万丈な日常ブログ

今年もやってきたロタウイルス!ロシアの予防接種

こんにちは、モスクワからカンカルです!

 

10月のモスクワは、最高気温が5度から15度の間を行ったり来たり…。毎年この時期は体調を崩す人が増えます…。

 

f:id:kankaru:20191016200341j:plain

そんな中、次女5歳がロタウイルスに初感染しました…。幼稚園の同じクラスには30名の子供がいるのですが、最近のクラスは10人前後。

 

娘から「ユーリャがお腹が痛いって帰ったのー」「サーシャが今日熱だしてお昼でお迎えだったの」などと話を聞いていたので、いよいよ来たか・・・と思っていました。

 

幸い嘔吐は半日で終わり、熱も38度まで上がりましたが一晩で下がりました。その後3日間はまるで何事もなかったように元気いっぱい))。軽く済んでよかった…ものの

 

幼い子供が体を震わせ嘔吐する姿は本当に可哀そうでした。。。今日も幼稚園のグループチャットでは保護者から「病欠」を知らせるメッセージが何件も入っています。長い長い冬、ロシアでは4月までこの状況が続きます(涙)

 

ロシアの予防接種

先日、学校でインフルエンザの集団予防接種がありました。ロシアのワクチンですが無料です。娘のクラスは35人で、予防接種を受けた子供はなんと5名!毎年のことですが、ロシアは、ワクチンの効果より、健康被害のリスクの方が高いと考えている親がたくさんいて接種率が低いんです。

 

インフルエンザに限らず、日本ではほとんどの親が当たり前のように受けさせる定期予防接種も…受けていない子供が多いです。

 

知り合いの予防接種を一切受けていない子供が百日ぜきにかかり。ひどい咳で吐きながら散歩させているのを見た時は驚きました。お母さんは「もう感染力はないから心配しないで」と言っていたけれど…そういうことじゃなくて…と言いそうになりましたがやめました。

 

私も「ロシアのワクチン」には少し引っ掛かっていて…だから健康被害を心配して受けさせない親の気持ちも分かります。

 

 でもね、でも…予防接種を受けていたら入院するほど重症化せずに済んだかもしれないし、予防接種をしたくても出来ない子供にうつさなくても済んだかもしれないのに…などどモヤモヤしてしまうのです。

 

病気になって強い体をつくるという考え方もあるし何が正しいのか分からないけれど、愛する我が子が健康で元気に成長してほしいと願う気持ちはみんな一緒ですよね。

 

これから寒くなってきます。みなさんもお体をご自愛ください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村