ロシアで母になる

国際結婚、ロシアで出産、そして母になった私。波乱万丈な日常ブログ

手抜きじゃないよ、文化です。ロシア流家事に学ぶ、料理を楽にするヒント

みなさん、こんにちは。モスクワからカンカルです!

 

実家のおいしいご飯が食べたいよー。モスクワに戻り、家事すべてを一人でこなすことになったカンカルですが、子供が夏休みで家にいると3食用意しなければいけないですねー(あたりまえ!?)。あぁ~実家は天国でした😂

 

ここはロシアです。家事だってロシア流に切り替えていきますよ!

モスクワに戻る飛行機、隣に座ったロシアの婦人がとても社交的、そして好奇心旺盛の方で、ロシアのこと、日本のこと、たくさんお話をしました。

「日本の食事は本当に美味しかったわー。味だけでなく盛り付けや配膳もとっても楽しませてもらったわ。ところで、日本人は毎日献立を考えて料理するんだってね?私達の、ボルシチ3日、キャベツスープ3日とかはダメかしら」。あはははーと豪快に笑っていました。

 

国が変われば料理の仕方も変わる。

今回はロシアの家事(料理)に関してここがカンカルのお勧め!というところを少しご紹介させてください!

スープ料理を大鍋でたくさん作る

冒頭のロシア婦人との会話にもあったように、ロシア人はスープ料理が大好きです。ランチは必ずスープ料理を食べるというロシア人が多いです。そのスープ料理、それだけでお腹がいっぱいになるくらい中身が充実しています!

 

まず、鶏肉や牛肉から数時間かけてブイヨンを作ります。そこに、じゃがいも、ニンジン、玉ねぎ、キャベツなどの野菜類を入れていきます。もうこれだけで旨味十分なので味付けはシンプルに塩、コショウと、とてもシンプルです。もちろん、凝ったスープ料理もありますが。

 

このスープ作り、ブイヨン作りに時間をかけること、2日目、3日目がダシが出てどんどん旨味が増し美味しくなるので、大きな鍋に大量に作るんです。お肉も500グラムから1キロ投入します。

 

そんなわけで一度スープ料理を作れば3日間はランチが困らないわけです。

それで、婦人のいうボルシチ3日、キャベツスープ3日の話がでてきたんですね。

 

スープに限らず、お肉料理でも一度にたくさん作って何日かにわけて食べる家庭が多いです。ハンバーグだったら一度に20個とか(笑)そのことで文句を言われた主婦の話を聞いたことはありません。

 

日本では毎日スーパーに買い物にいって献立を考えていたカンカルですが、ロシアでは基本、数日分のメイン料理を一度に何品か作り、メインの付け合わせやサラダを毎日作る(といっても煮たり、切るだけですが)といった感じです。楽ですよ~。

 

お皿はワンプレートが基本

私の母が絶賛し、いつも羨ましがっているのがこれ!

ロシアの家庭では、基本大皿一枚に食べ物をすべて盛り付けて食べます。スープ系はもちろん別ですが(笑)。

日本でいうおしゃれなワンプレート料理をイメージしてはいけません(笑)。

とても大胆に一皿にどーーーんと盛り付けていただきます。

f:id:kankaru:20190807043804j:plain

日本の大皿の上に、小皿やスプーンなどを利用して盛り付けるのではなく、まさに、すべて一皿にいれます。写真はこじんまりしていますが、もう2、3品のせたりします。

せっかくの個々の味付けが~というご意見もあるかもしれませんが、これがまた美味しいです。お肉のタレがポテトやごはん、野菜サラダに微妙にからまり、ガツガツ食べれますよ。こうしたほうが、子供がたくさん野菜を食べてくれます。

 

台所シンクは小さめ

日本のようにたくさんの食器を使わない理由の一つが、これです。

 f:id:kankaru:20190807153614j:plain

台所シンクがとても小さいのです。カンカル家が極めて貧乏というわけではありません。一般家庭ではどこもこれくらい、大皿一枚でいっぱいの大きさです。はっきりいって不便です。まな板なんて全部入りませんから、洗うたびにシンク回りが水浸しになるし、とにかく洗いずらい。日本のようにお茶わん、おわん、たくさんの小皿なんて、毎回とても洗っていられないわけです。

 

食器洗浄機を愛するママ達

ワンプレ-トで済むなら食器洗浄機なんて必要ないでしょって思いますよね。でも、大概の家に備え付けてあるんです。我が家のキッチンにもありますが、実は一度も使っていません。お客さんが来て大量の洗い物がでた時も何回かにわけて洗っています。

 

他の家もそうだろうと思っていたら、いえいえ、愛用者がたくさんいることがわかりました。 

その使い方がまた大胆で素敵なんですよ。

朝食ででた食器、昼食ででた食器、夕食ででた食器、鍋やフライパン、ためてためて・・・夕食後一度に食器洗浄機で洗うらしいです。皿の数が少ないから一回で収まるんですね。

 

そうそう、飛行機で話た婦人が、日本に2週間いて気づいたのだけど、日本人女性は、足にネイルをしている人はたくさんいるけど、手に派手なネイルをして歩いている人はあまり見かけなかったわ、と言われました。

 

言われてみれば、ロシアの女性は、手先の美しさをとても重要視しているように思えます。それが、洗い物は少なくワンプレート、食器洗浄機をうまく利用することにつながっているのかもしれません。

おわりに

毎日毎日ご飯を作っている皆さんで、もう毎日料理が楽しくて仕方がない!っていう方の割合ってほんの少しじゃないでしょうか。

お仕事に、育児に、勉強に疲れた日、手抜きではありません(笑)、ロシア流ワンプレートご飯で、楽においしく食事をする日があってもいいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。