ロシアで母になる

国際結婚、ロシアで出産、そして母になった私。波乱万丈な日常ブログ

小学生におすすめ「夏休み自由研究」~子供の好奇心を刺激しましょう~

こんにちは、カンカルです。

さて、夏休みを前に小学校で面談があった方も多いのではないでしょうか?この時期になると親を悩ませるもの、そう、「夏休みの自由研究」です。小学校の6年間、毎年となると何をしたらいいのか、夏休み後半まで「まだ出来てないのよ~」っていうお家、私の周りでは結構いますよー。

 

今回ご紹介する「自由研究」は、少し時間をかけて、少しずつ準備が必要です。わっ、なんだか面倒くさそう!と思わないで下さいね。もちろん、工夫次第で今年の夏休みに間に合うものもありますよ。きっと今後の自由研究のヒントが見つかるはずです!

ハガキを集めよう

娘の同じクラスのママからロシアにメールが届きました。「もしよければ、ロシアから一枚ハガキを出してもらえないかな?夏休みの自由研究の資料にしたいの」と。その子はご両親の協力もあり、一年で外国から3枚、国内から15枚ほど、自分宛のハガキを集めました。差出人がみんな親戚でもいいんです。

集まったハガキをどうまとめていくかは子供にまかせたそうです。国際郵便の書き方、配達日数、色々な消印の形を紹介、切手の紹介、なんでもいいんです。国際郵便についてなど、子供が興味を持ち分からないことは、親も一緒に調べてまとめたそうです。

余談ですが、ロシアから送ったハガキ(クリスマスカード)が、節分の時期に届いたと紹介して大爆笑になったそうです。ロシアの郵便事情アルアルでした(涙)。

鉛筆の芯を集めよう

小学校3年の理科で「電気を通すもの」を勉強したA君。そこで、鉛筆の芯が電気を通すことを知り、それまで折れては捨てていた鉛筆の芯が価値のあるものに変わったそうなんです。

それから、翌年の夏休みの自由研究に向けて鉛筆の芯を集め始めました。それを知ったクラスのみんなも協力して半年で300個ほど集まったそうです 。

A君は色々な可能性を考えているそうです。鉛筆の芯を並べたり重ねたりして、どうしたら電気が流れるか実験すると言っています。お父さんが学校の先生で、きっと知恵を出し合って楽しく実験するんだろうなと思います。

すべて失敗でもいいと思います集めた過程、どうなるか知りたいという好奇心がとても素敵だと思いました。

 

野菜や果物の値札を集めよう

f:id:kankaru:20190708113638j:plain

目的は、野菜や果物の産地、自分たちが住んでいる所にはどこの県からどんな野菜、果物が入荷しているか調査することです。

小学4年生になると、都道府県すべての漢字が書け、地図も読めるようになります。

この自由研究は親のサポートが少し必要になります。産地だけなら値札を写すだけですが、もう少し内容を充実する為に、昨年の生産量ランキングを作成したり、値段の変化をグラフにしたり、やり方次第で2年連続同じテーマでいけますよ。夏野菜をテーマにしてもいいですよね。外国から来ている野菜をまとめてもおもしろいと思います。

長女に勧めてみたら

素敵だと思ったことは子供にも勧めたい。長女に話してみたところ、「それ、いいね」とのってきました。しばらく考えて考えて、でた答えが「消しゴムのカスでも集めてみようかな」( ´艸`)。 長女よ、それをどうするんだい?「絵具で色をつけて粘土みたいにして、貼り絵みたいにするの」。

うん?よく分からないけど、それいいんじゃない!ママ、その発想好きだよ。やってみたら~。

はい、3日坊主で終わりました( ´艸`)!!!見た目が・・・、ワクワクな発想が生まれて来なかったそうです。

でも、毎日続けて何かを集めたい気持は変わらず、自分の好きな事にしました!

f:id:kankaru:20190708113728j:plain

自分で考えたイラストを毎日一つ書く事を目標に、ファイルしていくことを決めた娘、1週間続いています(笑)。これは、自由工作ですね。写真は下書きで、来年の夏休み前に家族や友達から「私の一番」を選んでもらい、それらを大きな画用紙に描いて、作品として出したいと言っています。

自分の特技を工夫して作品にする、継続する力が身につく、好きなことなのでストレス解消になっている、親としては大満足です。

おわりに

こんな記事を書いておいて、私達カンカル親子は夏休み中にロシアに戻ります。自由研究免れ組でした…(・・;)。しかも、ロシアは夏休みの宿題がありません。3ヶ月の夏休みはたくさん外に出て、長くて寒い冬に向け、太陽からビタミンDを吸収します。 もしよければ、こちらの記事もどうぞ。みなさんの夏休み自由研究が、子供の好奇心を引き出す楽しいものになりますように。この記事が誰かのお役にたてたらうれしいです。